品数が少ない!?イタリアンのコース

フレンチ、イタリアンにはコースで料理を楽しむことが出来ますよね。しかし、イタリアンはフレンチに比べるとコースにある料理の品数が少ないのは気のせいではありません。イタリアンのコースは通常、前菜が出てその次にパスタ系。

銀座のスペイン料理なら。

そしてセコンドピアットというメイン料理が出てきますよね。その後、パンとドルチェ、コーヒーが出てコースは終わりという形になります。一見、これだけ?と思われるかもしれませんが、実際に食べてみると凄くお腹いっぱいになるものです。ポイントとなるのは2番目に出てくるパスタ系です。パスタ系を食べるだけでも結構、お腹が満たされますがその後にメイン料理が出てくるので、ボリュームがあると錯覚してしまいます。

品数は少ないかもしれませんが、それでも十分に楽しめるコースとなっているのではないでしょうか。また、イタリアンはワインに合う料理としても知られています。ソムリエに相談して、料理に合ったワインを出してもらいましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>